CSR
CSR方針

RS Technologiesのサステナビリティ

当社は、2010年12月、ラサ工業株式会社よりシリコンウェーハ再生事業を承継し、事業を開始しました。売上高ゼロからスタートし、2015年に東京証券取引所マザーズへ上場、また翌年の2016年には東京証券取引所市場第一部へ市場変更、さらに2018年にはプライムウェーハ事業にも進出するなど成長を遂げて現在に至ります。

操業以来、人や環境を大切に考えた誠実な経営を実践することにより、幅広いステークホルダーの皆様と信頼関係を構築し、協力関係を築いて参りました。ステークホルダーの皆様のご協力を得ることで、様々なリスクや機会を当社の成長に変えることができ、サスティナビリティを実現してこれたと考えております。

上記のサスティナビリティに対する考え方は、私たちRS Technologiesの事業とCSR活動を結びつけるDNAとなっています。

RS Technologiesのサステナビリティ

CSRの考え方

当社は、「地球環境を大切にし、世界の人々に信頼され、常に創造し挑戦する」ことを経営理念に定めています。この経営理念のもと、エコロジー事業を通して環境に優しい総合エコソリューション企業として世界をリードし、人々の豊かな生活に貢献することを目指しています。
上記の経営理念を実現するために、充実したガバナンスのもとで誠実に事業を運営し、社会や環境に貢献することは、当社にとって大変重要であると認識しています。
当社の事業の強みでもある「再生」の力を活かして、「低炭素で豊かな社会の実現に貢献すること」及び「CSR経営の推進を通じての企業価値の最大化」に全力を挙げて取り組み、総合エコソリューション企業として信頼される企業の構築を図っていきます。

CSRの考え方

CSR方針

当社の経営理念に基づき、「再生」の力を活かす事業を通して持続可能な社会づくりに貢献します。また、CSR活動を推進することを経営の重要課題と捉え、その実現に向けて取り組むため、下記の「CSR方針」を策定しています。

  • 1.当社は安全で高品質な製品とサービスをお届けすることによりお客様の満足と信用を獲得し、社会の持続可能な将来に貢献します。
  • 2.当社は責任ある企業市民として適宜適切な情報を一般社会とステークホルダーに開示します。
  • 3.当社は国内外の法令および規則を遵守することにより、リスク管理や事業継続を図ります。
  • 4.当社は公正な評価と判断のみに基づいてサプライヤーを選択することによってパートナーシップと互いの共栄を確立します。
  • 5.すべての資源とエネルギーを効率的に活用し、産業廃棄物を抑制することで環境を大切にします。
  • 6.当社は、当社で働くすべての人に安全で健康な職場を提供し維持します。
  • 7.当社は人権と個人の人格を尊重します。
  • 8.当社は異なる文化や歴史を尊重します。
  • 9.当社は地方自治体や地域社会と共に緊密に協力し、地域の健全性と価値を向上させます。
  • 10.当社はCSR経営体制の整備を継続的に進めていきます。

行動指針

当社は、持続可能な社会の実現を見据え最適な商品・サービスを提供すると共に、コンプライアンスを重視しながら、ステークホルダーの皆様から継続して支持していただける企業を目指しています。その実現のため行動指針を策定し、下記のアクションを行えるようRS Tec グループの全役職員に周知しています。

  • ◇多様性を尊重した、自由闊達な企業風土をつくり、 働きやすい就業環境を目指す。
  • ◇エコロジー事業を通して環境に優しい総合 エコソリューション企業として世界をリードし、 人々の豊かな生活に貢献する。
  • ◇公正、信用を重視し、社会を利する事業を進める。

ISO取得状況

当社三本木工場では、2011年にISO9001認証とISO14001認証を取得し、現在最新版となる2015年度版への移行が完了しております。環境に配慮した事業活動を行うとともに、お客様に信頼される製品・サービスを提供し、品質及び環境マネジメントシステムの継続的な改善を通じて、社会に貢献していきます。

ISO9001

2015年9月3日
ISO9001:2008 認証登録

・認定機関:UKAS
・登録番号:JP11/062323

ISO14001

2015年9月3日
ISO14001:2004 認証登録

・認定機関:UKAS
・登録番号:JP14/071387

ISO9001
ISO14001